福島県相馬市の安藤工務店はこんな会社です!

 


皆さんこんにちは。

福島県相馬市を拠点に、仙台市、浪江町で、新築の戸建て住宅やリフォーム・リノベーションなどを手掛けている安藤工務店です。


私たちが拠点を置く相馬市の浜通りは、国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」の対象区域。

これは浜通り地域の産業回復のために、新たな産業基盤を構築しようとするプロジェクトで、国がさまざまな取り組みにつとめています。

その一環が、企業誘致や教育・人材育成、交流人口の拡大。いまや浜通りは福島の未来を担う注目すべきエリアで、県外からの人口流入も期待され、住宅建設のニーズも高まってきています。



■安藤工務店は、こんな仕事をしています



そんなエリアに拠点を置く安藤工務店では、いっしょに働ける仲間を募集しています。

私たちはこの地で40年、建設業に携わってきた地域密着型の工務店。自社の加工場も保有しており、高品質な無垢材を使った健やかな住宅と、ハイクオリティな設計施工、そして耐震性の高い家づくりに定評があります。


注文住宅はもとより、地域の土木工事にはじまる公共工事も受注しているため安定した基盤をもち、安心して働ける会社です。



■初心者でも安心! ベテラン社員がていねいに指導します



安藤工務店では将来を担う若手を育てたいという考えから、じっくりと経験を積める環境づくりを整えています。

働いている社員は20代から60代のベテランまでと幅広く、新入社員はベテランの先輩のていねいな指導で実務を学んでいきます。

入社後は先輩社員と現場に出て、まずはかんたんな作業から取り組みはじめます。目の前で先輩が実践することで、工具の使い方や木に始まるさまざまな素材の扱い方を学べます。

工法も、最新技術を組み込んだ独自の在来工法を確立しており、たしかな技術を身につけられます。


現在働いている20代の若手社員たちも入社時は未経験でしたが、いまや立派に現場を担っています。

こうした若い社員たちから刺激を受けて、ベテランの先輩たちも、新しい工法やディテールに挑戦してみたい!と、声が上がることもしばしば。現場が始まったらいっしょにやらせてよ、と皆が向上心をもって働いているのも、安藤工務店の特徴です。



■福利厚生が手厚く、新型コロナウイルスへの対策も万全!



とかく労働条件がキツイと思われがちな建設業界ですが、私たちは社員が働きやすい環境づくりに積極的に取り組み、手厚い福利厚生を心がけています。

建設業は体が資本ですので、基本的に残業はほとんどありません。そして家族があってこそ元気に働けるという考えから、お子さんの運動会や発表会など、家庭の事情で休みたい日があるなら調整可能というポリシーを掲げています。

またみなさんの将来にもつながるように資格取得も積極的に支援しており、資格を取得した後には手当を出せるよう、現在取り組みを進めている最中です。


新型コロナウイルスの対策にも余念がなく、昨年12月には社員全員のPCR検査も実施しました! 密にならないよう入念に注意を払っており、朝礼を外で行ったり、現場に向かう際も別々の車に乗って移動する、もちろん現場でも密にならないように作業シフトを組むなど、慎重な対策をとっています。



■いっしょにリフォーム・リノベーション工事を手がけませんか?


安藤工務店ではリフォーム・リノベーションに注力しており、いっしょに働ける社員を募集しています。

現在のコロナ禍で在宅勤務や家で過ごす時間が増えたことを受け、今年とりわけニーズが高まっているのが、この分野。

工具や作業服は準備しますので、少しでも興味があると思ったら、お気軽にお問い合わせくださいね。皆さまといっしょに働けることを楽しみにしています。


アーカイブ

人気記事