安藤工務店の注文住宅

お客様に寄り添って1から家づくりをお手伝いします

お客様主体の家づくり

お住まいは言うまでもなく、この先何十年に渡って使い続けていくものです。だからこそ、わたしたちは細部までとことんこだわり抜き、お客様に快適で幸せな暮らしを実現していただくことを念頭に施工を行なってきました。クロスのデザインや機能、フローリングの材質など、さまざまな素材を見て触っていただきながら、納得できるものだけをお選びいただけます。お客様にしっかりと寄り添って、二人三脚で1から家づくりを行なっていくのが安藤工務店のスタイルです。

scroll

最新の在来工法による施工

在来工法は柱と梁で建物を支える伝統的な工法です。福島県相馬市の安藤工務店では、この伝統的な在来工法に最新の技術を融合させた、独自の在来工法により注文住宅の施工を行なっています。在来工法は木の良さを楽しめる点や、将来的な増築・リフォームを行ないやすいといったメリットがあります。従来の良い部分はしっかりと残しつつも、法改正や時代のニーズにもしっかりと追従した、弊社が自信を持ってお届けする温故知新の家づくりをぜひお試しください。

scroll

天然素材にこだわり

木材をふんだんに使用した在来工法は、木のぬくもりや癒しを感じられる、日本人に合った空間を生み出します。木だけでなく石や土、紙などの素材を加工し、随所に活かすことで、より雅な空間を演出してくれることでしょう。自然と共に生きる暮らし。そんな形を実現してくれるのが在来工法であり、わたしたち安藤工務店はそのお手伝いをさせていただきます。天然の無垢材には調湿性や保温効果も備わっており、1年を通して快適な環境を得られるのもメリット。経年による風合いの変化も楽しめます。家づくりをお考えの際は、ぜひご相談いただければ幸いです。

scroll

高気密高断熱住宅

安藤工務店では夏は涼しく、冬は暖かい、高気密高断熱の家づくりも承っております。気密や断熱の効果を高めることで、冷暖房機器に頼りすぎることのない、健康的な暮らしを手に入れることが可能です。冷暖房の使用頻度が減ることによりCO2排出量も低減、地球環境への配慮もできるエコなお住まいになります。また、冬場の外気と室内との温度差が少なくなるため結露が起こりにくくなり、結果的に家を長持ちさせることにも繋がるのもうれしいポイントといえるでしょう。

scroll

地震に備えた取り組み

弊社は東日本大震災の前、2005年8月に起きた8・16宮城地震を経験しています。そのとき地震に耐えることができず瓦の落下等が起こってしまい、わたしたちは地震に強い、自然災害に強い家ができるよう、自分たちの施工方法を考え直すことに。試行錯誤の末生み出した施工を行なった結果、東日本大震災の際には瓦の落下といった問題は起こりませんでした。今後も現状に慢心することなく、どんな災害でも建ち続けていられるような、強くて頑丈な家を作り続けてまいります。

scroll

全てはお客様の笑顔の為に

わたしたちは自らが手掛けた住宅にお客様が住み、そこで楽しく生活されている様子を思い描きながら、日々の施工にあたっております。お客様の笑顔を見るためであれば、わたしたちはどんな苦労も厭いません。ご家族の皆様によろこんでいただけるような、暮らしやすく長持ちする、世界に1つだけのオリジナル住宅をお届けいたします。相馬市を中心に北は仙台市、南は浪江町まで対応、その他エリアからのご相談も柔軟に承りますので、ぜひお気軽にお声掛けください。

scroll